捧げ物

捧げ物

販売価格はお問い合わせください。

一人の女が、純粋で非常に高価なナルドの香油の入った石膏の壺を持って来て、それを壊し、香油をイエスの頭に注ぎかけた。憤慨する人々にイエス様は「この人は埋葬の準備をしてくれた。世界中どこでも、福音が宣べ伝えられる所では、この人のしたことも記念として語り伝えられるだろう。」と答えた。貧しい者への施しの機会はこれからも続けられますが、地上の生を終えようとするイエスには最後の機会となる。女の塗油は、死者の埋葬の先取り、愛のわざの現れなのだとイエスは弁明しています。

近東地域の宗教では、王の頭に香油を注ぐ儀式は、女神の代理を務める王族出身の女祭司によって執り行われていた。聖油を注がれた者ーメシアとなる。という伝説があります。

この二つのイメージを画面に描きました。
油彩・テンペラ混合技法で描かれた作品の原画(1点もの)サイズ(45.0×45.0)
捧げ物

販売価格はお問い合わせください。